Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/xs289327/magic-lecture.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 287

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/xs289327/magic-lecture.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 287

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/xs289327/magic-lecture.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 287

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/xs289327/magic-lecture.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 287

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/xs289327/magic-lecture.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 287

Warning: call_user_func_array() expects parameter 1 to be a valid callback, function 'wp_filter_content_tags' not found or invalid function name in /home/xs289327/magic-lecture.com/public_html/wp-includes/class-wp-hook.php on line 287

技法

すべて

【マジック技法】カードを見せずに数える【エルムズレイカウント編】

こんにちは。Shinです。今回はカラーチェンジに引き続き,マジックの新しい分野に手を出していきたいと思います。以前に書いた記事で,マジックの中にパケットトリックと呼ばれる分野があることをご紹介しました。そして今回ご紹介するマジック技法の分野は,「カウント」と呼ばれるものですが,これは,パケットトリックでは必須の技法と言えます。次回の記事から,パケットトリックに関する解説記事もかいていこうと思いますので,まずは今回ご紹介する技法をマスターしてみて下さい。
すべて

【カラーチェンジ】手のひらで擦るとカードが変わる【アードネス編】

こんにちは。Shinです。前回のカラーチェンジ第一弾の記事は読んでいただけたでしょうか。本来であれば,今回ご紹介するカラーチェンジと前回のトゥウィローチェンジは同じ記事の中でご紹介する予定でしたが,第一弾ということもあり,カラーチェンジの解説に熱が入りすぎてしまいました。ここがマジックの面白いところでもあり,難しいところでもあるのですが,ただ単に技法を解説するだけなら,すぐに記事を終わらせることもできますが,それでは実践的なマジックをお伝えしていることにはならず,単なる種明かしと変わらなくなってしまいます。
すべて

【カラーチェンジ】目の前でカードが変化する?!【トゥウィロー編】

こんにちは。Shinです。今回から,新しいマジックの領域に足を踏み入れようと思います。その名も,「カラーチェンジ」です。マジシャンの紹介動画内で突然カードが別のカードに変化したり,マジックの中でも急に選ばれたカードが現れるといった場面を見たことがあるかもしれません。カラーチェンジには本当に多くの種類がありますが,その用途は様々です。瞬間的に何かを変化させるというのはマジックを代表する動きと言っても過言ではありません。何パターンか持っておけば使い分けることができますし,ご自身で見た目の気に入ったカラーチェンジを練習するのも楽しいと思います。
すべて

【マジック技法】トランプのボトムにブレイクを生み出す【プルダウン・バックル編】

こんにちは。Shinです。以前,ブレイクを取る方法をいくつかご紹介しましたが,今回はただ単にディーリングポジションでトランプを持っている状態から,ボトムにブレイクを作る方法をご紹介します。代表的なボトムブレイクの方法だと思われる,「プルダウン」と「バックル」について解説をしていきます。通常のフルデックを使ったマジックだけでなく,パケットトリックでも重宝しますので最低でもどちらかは身に着けておいた方が良いと思います。
すべて

【マジック技法】混ざらないスイングカット【解説】

こんにちは。Shinです。最初の頃にスイングカットをご紹介しました。その中でカットとしての用途だけでなく,スイングカットを連続で行うことでシャッフルのような使い方もできることをご紹介しました。今回ご紹介するのは,このスイングカットを応用したフォールスシャッフル(混ぜているような動きで,実際には混ざっていないシャッフル)です。普段からスイングカットを使う方は,このフォールスシャッフルを自然と紛れ込ませることができるので非常におススメです。
すべて

【マジック技法】怪しさのないカードコントロール?【コンビンシングコントロール編】

こんにちは。Shinです。以前の記事で「カル」という技法の解説を行いました。その中で,この「カル」を使ったカードコントロールがあるというお話だけしました。今回はいよいよそのカードコントロールの解説をします。カードをトランプの中に戻す動きの中でボトムにコントロールするなら,この技法が最も自然と言っても過言ではないかも知れません。
すべて

【マジック技法】簡単にトランプをボトムにコントロールできる方法【グライド編】

こんにちは。Shinです。以前にご紹介した「ダブルカット」はマスターできたでしょうか。とりあえず身に着けておくだけで色々な場面で活躍してくれるので,まだ習得していない方はこちらで解説をしているので読んでみて下さい。マジックはまだ2つしかご紹介できていませんが,カードコントロールの種類はいくらあっても困りません。今回ご紹介する「グライド」はカードコントロールだけでなく,マジックの重要な場面でしれっと登場していたり,パケットトリックで使われていたりと応用範囲の広い技法です。
すべて

【マジック技法】混ぜられたデックから好きなカードを抜き出す【カル編】

こんにちは。Shinです。だんだんとできるマジックのテクニックが増えてきたのではないでしょうか。マジック自体はまだ2つしかご紹介していませんが,確実に一つ一つを完成させていくことで長く使えるマジックになるので,焦らずゆっくり練習してみて下さい。さて今回は,即興でマジックを披露するときに重宝するマジック技法をご紹介しようと思います。マジックを複数演じる時,例えばデックのトップに4枚のエースを置いた状態で始めたいマジックが途中に入っていると,セットをするために一旦離脱することになってしまいます。ですが,「カル」をマスターしておけばこのような問題を解消できます。
すべて

【簡単】カードが選ばれたカードを当てる!?探偵カード【トランプマジック】

こんにちは。Shinです。今回は,マジックを始めたての方でも比較的簡単にでき,なおかつインパクトを与えられるようなカードマジックを紹介しようと思います。少しだけ練習は必要になりますが,アレンジを加えながら長く愛用できるマジックなので,ぜひこの機会にマスターしてみて下さい。多くのマジシャンも色々なバリエーションに進化させながらレパートリーに取り入れています。早速ですが,今回紹介するマジックはタイトルにもある通り,探偵カードです。同じ原理のマジックとしてジョーカーサンドイッチと呼ばれる場合もあります。
すべて

【マジック技法】カードの位置を自在に操る方法!【ダブルカット編】

こんにちは。Shinです。今回の記事では,マジックをする上で必須であるカードコントロールについてお話していこうと思います。カードコントロールとは,「特定のカードを好きな位置に持ってくる」」方法のことです。お客さんから「どうせ選ばれたカードの位置が分かっているんでしょ?」と疑われることもあると思いますが,結局は「いつ」「どうやって」カードを操作しているかがバレなければ良いのです。
タイトルとURLをコピーしました