【マジック】トランプの可能性は無限大【上級編】

すべて
Shin
Shin

こんにちは。Shinです。

前回の中級編まで読んでいただけたでしょうか。練習してみてどうでしたか。

テーブルを使えばリフルシャッフルできるという方でも,なかなか空中では慣れるまでに時間がかかると思います。

マジシャンの動画ではよく登場しますが,正直なところ,スプリングの優先度はあまり高くないので,できていなくても問題ないと思います。

中級編までクリアした方はもうトランプの扱いに関して,十分慣れ親しんでいると言えるでしょう。

ですが,トランプのテクニックは無数に存在します。どこまでいっても終わりということはないのです。
今回の上級編でトランプの扱い方シリーズは一旦終わりとしますが,これらをマスターした後も,ぜひさらなる高みを目指して下さい

上級編まで来るといよいよ必須テクニックとは呼べなくなってきますが,その中でも,有名な,そして実際に使っているマジシャンも多いと思われるテクニックを3つほどご紹介します。

ということで,さっそく見ていきましょう!

トランプを1枚ごとに噛み合わせる「ファローシャッフル」

何となく見たことがあっても,このファローシャッフルという名前を聞いたことがある人は少ないかもしれません。

よく勘違いされてしまうテクニックなのですが,これはトランプ同士を横から無理やりねじ込んでいるわけではありません。

人によってやり方の違いはありますが,個人的に安定する方法をご紹介します。

1.まずはパケットを半分ずつくらいに分けますが,パーフェクトシャッフルをする目的でなければ,完璧に半分である必要はありません。

大事なポイントは,2つに分けたパケットをそれぞれできる限り綺麗に整えておくということです。

下記の動画を見て頂ければ分かりますが,左手は小指を下に添え,全ての指を使ってパケットの4辺すべてを持つことでズレないようにしています。

少しわかりづらいですが,右手も小指をパケットの後ろに当てて支えています。かみ合わせる面同士は,直角にした状態で互いに当てることで,両方とも整えることができます。

2.そして,私の場合はカードの背面側からかみ合わせていきます。
平行から少し角度をつけた状態でゆっくりとかみ合わせ始めますが,ここの精度を出すために,左手の小指を両方のパケットの下の方に当てて安定させています

3.数枚かみ合い始めたら,右手を使って徐々に力をかけていきます。
方向が重要で,かみ合い始めの場所に向かって力を少しずつ入れていくことで順番にかみ合っていきます。

動画内でも手のパケットが少しだけ反っているのが分かると思います。

【上級編】トランプの扱い方【ファローシャッフル】

片手でトランプをカットする「シャーリアカット」

こちらのシャーリアカットという技法、なんとなく名前がカッコよくないでしょうか?

こちらのテクニックはカットの派生形で,片手で行うカットと言えます。

もちろん,カッコつける目的で練習していただいても良いのですが,実用的な目的でマジックの中で使われることもあります。

これができないと成立しないマジックは少ないですが,シャーリアカットができることでマジックのスムーズさ,不思議さをアップさせることはできます。

それでは解説を始めていきます。

1.右手のディーリングポジションから始めます。小指をトランプの下側に回すと共に少し浮かせて指だけで保持している状態にします。

2.人差し指を使ってトランプの奥の端を真ん中あたりで分けます。初めはここも難しいかもしれません。分けたら親指側をそのまま下に落とします。

3.今度は人差し指を落としたパケットの中指・薬指側の下に入れ,持ち上げてパケットを入れ替えます。

初めはカードを落としてしまうと思うのですが,指の長さや手の大きさにはあまり関係なくできるようになります。私もかなり手が小さい方なので最初に教わったときには「こんなの手が小さいから届かないじゃん…」と思っていましたが,慣れてしまえば確実にできるようになります

ただ,手が大きい人に比べて不利なことが無いわけではなく,途中でかなり不安定な状態を通過します。そのため,小指でしっかりと下側を支えることや,重力を気にしてやる必要があります。

細かな指の動きは動画を参考にしてみて下さい。

【上級編】トランプの扱い方【シャーリアカット】

トランプを空中で回転させる「デックフリップ」

最後はデックフリップのご紹介です。この技は,トランプを半回転させる技なのですが,慣れれば定期入れやスマホでもできます。(※スマホを落としてしまっても責任は負いかねます!)

マジックで使用する方法もあることにはありますが,基本的には少しカッコよくデックをひっくり返すだけの技です。また,力加減次第では1回転や1回転半などもできます。

このテクニックはかなり人によって指の感覚が異なるので解説が難しいのですが,解説動画を見ていろいろと試しいるうちにだんだんと分かってくると思います。

1.まずは,ディーリングポジションから人差し指を曲げてデックの下側に回します。

2.親指と,中指・薬指・小指は下向きの力,人差し指は上向きの力を入れます。

3.最後に,3本の指を離すことで人差し指の上向きの力を解放してデックを回転させます。人差し指はちょっと3本の指側に寄せておくと良いと思います。

【上級編】トランプの扱い方【デックフリップ】

解説は以上となります。私は,初めのうちはトランプをケースに入れたまま練習していました。感覚さえつかんでしまえばシンプルな技なので,空いた時間にでも練習してみて下さい。

【トランプ上級編】まとめ

上級編はいかがだったでしょうか。

マニアック過ぎるものは入れていないつもりですが,難易度はそこそこ高いと思います。焦らず,思い出した時にでも練習していただければ十分です。

さて,今回でトランプを扱うテクニックの解説は終了となります。

今まではお客さんにも見せるような形で行うオープンなテクニックばかりだったと思いますが,いよいよ次回からは,マジックでお客さんにはバレないように行うテクニックを解説していきます。

それではまた次の記事でお会いしましょう!

コメント

  1. […] 【マジック】トランプの可能性は無限大【上級編】こんにちは。Shinです。… […]

タイトルとURLをコピーしました