【マジック技法】始めたての人はこれを練習しよう【ブレイク編】

すべて
Shin
Shin

こんにちは。Shinです。

前回までのトランプの扱い方シリーズは見ていただけたでしょうか。まだ見ていないという方は,マジックを練習と一緒にトランプ自体の扱いも練習してみて下さい。

こちらの記事でもお話ししましたが,マジックのタネ明かしについては私なりの考え方があります。

マジックのタネ明かしだけを目的としてマジック業界の財産を流出し続けてしまうことには反対です。

しかし,マジックに興味がありながら

始めてみたいけど,周りに詳しい人もいないし,何から手を付けて良いのか分からない…

テレビで見たマジシャンに憧れて,自分も練習してみたいけどいきなりマジックの交流会に参加するのは怖いなあ

という方には積極的にマジックのタネに関わる情報でも共有していくべきだと考えています。

ある程度間口を狭めた上で情報を公開する分には,タネの流出リスクよりもマジック業界をさらに盛り上げることへの貢献度の方が高いのではないかと思います

これらを踏まえた上で,本格的なマジックの技法も解説していきます。
それではさっそく第一弾の開始です。

マジックの基本中の基本技「ブレイク」

この技法はマジックの基礎中の基礎でありながら,これを使わないマジックの方が少ないとも言える最重要テクニックです

この技法を知っているかどうかだけでトランプマジックの見る目が変わりますので,その意識をもって続きを読んでいただきたいと思います。

まずは,ごく簡単にブレイクを解説しますが,実際には非常に奥が深い技法となっています。

この先の記事でも使う場面は何度も出てくると思うので,少しずつバリエーションを増やし,マジックの幅を広げていって下さい。

ブレイクとは

トランプの間に指を差し込み,その場所を特定しておく」ことを目的とする技法です。一例として,以下に参考画像を載せておきます。シンプルですが,完成度が非常に大切です。

マジックのタネを全く知らない人でも

トランプに目印があれば特定のカードを追うことができそうだな

という予想はできると思います。

実際,私の友人の中にも論理的に考えた上でそのような疑いの目を持ってマジックを見る人がいました。怖いですね。

その上で,その予想を当てさせてはいけないのです。

「やっぱりな…」という感想が一番しらけさせてしまいます。

ブレイクは,雑に使ってしまうと背後の視点からはもちろん,横からや前からでも隙間や段差が見えてしまう(マジックの用語でフラッシュと言う)ことがあります。

最初のころは,ブレイクを使ったマジックができるように練習してもらえれば良いのですが,だんだんとブレイク自体の完成度も高めていって下さい。

ブレイクの作り方

それではさっそく,ブレイクの作り方を解説していきます。

当たり前に思える単純なものから,難易度の高いものまで様々ありますので,順に解説していきます。

1.トランプを持ち上げて隙間をあける

当たり前すぎる方法かもしれませんが,初めのうちは意外と重宝する方法です。主に上の数枚に対してブレイクを作るときに使います。

動きが分かりやすいので,行うタイミングや動作を小さくする努力が必要となりますが,実践でも問題なく使えます

別の記事で解説するピンキーカウントをマスターしたら,この方法からは卒業してしまうかもしれません。

2.ゲットレディ

続いては,ゲットレディと呼ばれる方法です。

ブレイクを取る方法としてはかなり有名で,トランプ全部を使うときだけでなく,パケットトリックと呼ばれる数枚だけを用いたマジックの中でも非常によく登場します。

カードを配る時のようにカードを上から数枚ずらし,すぐに中指・薬指で元に位置に戻しますが,この際に少し上に持ち上げながら戻すことでブレイクを作ります

練習しているうちに感覚がつかめてくると思いますが,中指や薬指の腹にカードが当たる感覚で何枚目にブレイクを取るか調整することができます。

私もそうなのですが,手が小さかったり,あまり指が長くない人にとっては少しやりづらい方法ではあります。
しかし,横にずらす幅を小さくするなどの工夫次第で,たいていの人は普通に使うことができます。

3.カードを置くときに小指を先に準備しておく

この方法はバリエーションがあまりにも豊富で,細かな違いを説明し始めると終わりがなくなってしまうので,この場では代表的なものだけを解説します

他の記事でも別の種類を解説する機会は出てくると思いますが,ご自身でも応用例を探してみて下さい。

・スイングカットでトランプを重ねる時に小指を置いておく

【マジック技法】スイングカットからブレイク【解説】

・ドリブルでカードを落としていく前に小指を置いておく

【マジック技法】ドリブルからブレイク【解説】

ブレイクを保持する方法と種類

ブレイクは,隙間を作ることでトランプの特定の位置を保つこと全般を指すので,「これじゃなければいけない」ということはありませんが,やりやすさバレにくさという観点でおススメの方法と種類を解説していきます。

まずは,初心者の方におススメのブレイクを保持する方法慣れてきた方向けのブレイクを保持する方法をご紹介します。

1.小指を第一関節辺りまで差し込む方法

写真の通り,がっつり小指を差し込むだけのシンプルな方法です

はじめに練習するのはこの方法が良いと思います。

小指を隙間に完全に入れてしまうので,誤ってブレイクが潰れてしまうことがなく,ブレイクを保持しながらでもしゃべりなど他の動作に集中することができます

その代わり,隙間が大きくなってしまうため,フラッシュ(マジックのタネが観客から見えてしまうこと)の可能性が高くなってしまうことが難点と言えます。
とはいえ,トランプを持つ角度やお客さんの方向に気を付けていれば,十分実践でも使える方法です

ポイントとして,小指を差し込む位置をできるだけ後ろにすることで,前からのフラッシュを最小限にすることができます。

2.小指の腹を使ってブレイクを保持する

こちらは先ほどより少し難易度が上がります。小指の関節を曲げてトランプの中に差し込むのではなく,小指の腹のお肉を使ってブレイクを保持します

初めのうちは小指の感覚がつかめずに難しく感じると思うので,大きめにブレイクを取っていても良いと思いますが,慣れと共に挟むお肉は減らしていきましょう。

もちろん,どこまで隙間を小さくするかは自由ですが,あまり小さくしすぎてブレイクを消失してしまうのは本末転倒なので,鏡などで角度に対するフラッシュの度合いを比較し,程よい塩梅を見つけてみて下さい。

安定性の面からすると,下の写真のような隙間は小さすぎるかもしれません。

マジックの基本技法「ブレイク」まとめ

いかがだったでしょうか。今回からいよいよ本格的にマジックのタネに関わる情報の解説が始まりました。

基礎技法に対してもこれほど丁寧に解説するほど,本気でマジックの面白さと奥深さを広めていきたいと思っています。

このブログを追っているだけである程度のレベルまで到達できてしまうと思いますので,ぜひ付いてきて下さい。

今回ご紹介したブレイクという技法はシンプルながらも極めれば極めるほどマジックの自然さ,そしてお客さんから見た不思議さが増していきますので,ぜひ練習し続けていただけたらと思います。

次回の記事でご紹介するダブルリフトブレイクを前提としていますので,ブレイクと一緒に練習してみて下さい。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

  3. […] […]

  4. […] […]

  5. […] […]

  6. […] […]

タイトルとURLをコピーしました