【マジック技法】これができるだけでマジックの幅は無限大【ダブルリフト編】

すべて
Shin
Shin

こんにちは。Shinです。

前回のブレイクの記事は読んでいただけたでしょうか。

全てのマジックにおいて基本となる「ブレイク」,そして今回ご紹介する「ダブルリフト」はどちらもマジシャンにとって必須の技法となります。

非常に簡単な技に思われがちですが,どんどん自然な動作を極めていくと,いかにこれらの技法の完成度がマジックの完成度に影響するかに気が付くと思います

それではさっそく技法の解説を始めましょう。

トランプを2枚めくる技法「ダブルリフト」

今回,解説していくマジックの技法はダブルリフトです。

少しでもマジックの用語を調べたことのある方は聞いたことがあるかもしれませんが,マジックにおいてかなり重要な技法となります。

ダブルリフトの指す動き自体は非常に単純で,カードを2枚一緒にめくるだけです。動きをそのまま英語にしているだけですね。

余談ですが,海外ではマジックに全然関わりのない方でも,ダブルリフトは知っているということが少なくありません。別の記事で解説するセカンドディールなども同様で,トランプの一般的な知識として広まっていることがあります。

ブレイクの時にも少しお話ししたように,素人の方でも想像できるタネをいかにバレないようにするか,というところが今回もポイントとなります。

マジックを始めたての頃に習う技法で軽視されがちですが,動きが単純でタネを想像されやすいからこそ,動きの自然さや使う場面にはできる限り注意を払うべきなのです。

当然,ほとんどのマジシャンはダブルリフトの必要性や重要性を十分に理解しているので,2枚を一緒にめくるだけという単純な動きに対して,様々な方法が提案されています。

それらをすべて解説すると記事がいくらあっても足りませんし,そもそも私自身もそこまで網羅している自信はありません…。

なので今回は初心者の方に向けた,ずれないためのダブルリフトの方法論から入り,さらにダブルリフトから再びブレイクを作る方法について解説していこうと思います。

次回の記事で,ダブルリフトをより自然に見せるためのコツ,そしていくつか面白いダブルリフトの種類をご紹介しようと思います。

ダブルリフトの方法

さっそくダブルリフトのやり方を説明していきます。

まず一般的なダブルリフトには,上から2枚目のカードの下にブレイクの準備が必要となります。ブレイク自体が分からない方やブレイクの取り方については下の記事をご参考にして下さい。

始めたての人はこれを練習しよう【ブレイク編】

基本的には,1枚のカードを裏返す動きをそのまま2枚にすれば良いのですが,最初は力がこもってしまい不自然な動きになりやすいです

そして,脱力を意識しすぎてもカードがズレてしまうという状況に陥りやすいのです。

ではどうすれば良いのかというと,押さえるべきポイントは押さえて基本的には脱力というのが理想だと思います。

押さえるべきポイントというのはカードがズレないようにするポイントのことです。

物理的には,2枚重ねたカードがズレる状況というのはカードが縦か横にズレる,もしくは2枚が離れて浮いてしまう状況です。

ということで,この3つの要素それぞれがズレないように指を配置すれば安心してカードをめくることができるわけです。

(補足しておくと,カードの扱いに慣れて繊細な指の動きができるようになれば,すべてを押さえてなくてもズレない動きはできます。今回はカードの扱いに慣れていなくても確実にできる方法として紹介しています。)

1.ブレイクは小指で支えているので,デックの右下が最も隙間が空いていると思います。そこに,右手を下の画像のような形にして差し込みます。

実際には,そのまま差し込むというよりは人差し指でサイドを少し持ち上げつつ,中指を差し込んでいく動きとなります。

こうすることで,「中指の真ん中あたりと親指でカードが浮くことを押さえ」,「中指の先をカードの下側に当てておくことでカードの上下をそろえ」,「右手の人差し指と左手の親指の付け根でカードが左右にズレることを押さえ」られます。

細かい説明をしましたが,あくまで目安程度にして,感覚的にやりやすい形を作っていただいて構いません。

2.下のカードをガイドにしながらめくります

このガイドにするというのも重要で,動きの中でもズレてしまうことを防いでいますそのままトランプの端までスライドしたら,そこから優しく右手を離して倒します。

できるだけ良い形を目指してもらうために補足説明が多くなってしまいましたが,以上がダブルリフトの一連の動きです。

ダブルリフトから再びブレイクを取る方法

続いては,ダブルリフトとセットで覚えておいてほしい動きです。

ダブルリフトでカードを2枚めくったところまではよくても,再び裏返す時に怪しい動きをしたり,ずれてしまっては意味がありません

ということで,再び裏返す時のためにブレイクを取る方法を3つご紹介します。

1.前回の記事で紹介した,持ち上げてブレイクを取る方法を使う

こちらについてはそのままなので,あまり説明は必要ないと思いますが,注意点だけ挙げておきます。

トランプがすべて裏向きの状態で上から数枚を持ち上げて,2枚目の下にブレイクを取る場合には少しくらい大きく持ち上げても平気でした。

しかし,2枚だけ表側の状態では,その2枚の間に隙間ができるだけで2枚のカードが表側になっていることが一瞬でバレてしまいます

なので,できるだけお客さんの視線が外れている時,そしてあまり大きな動作にしないことを前回より気を付ける必要があります。

2.カードをあえてずらし,戻す時にブレイクを取る方法

この方法は,プロマジシャンの中でも一般的な方法だと思います。

下のGIF画像のように,ダブルリフトを行う時に少しカードを前にずらしながらめくります

そして,次が慣れるまでは少し難しいかもしれませんが,人差し指で出っ張っているカードの先端を下側に引き,てこの原理でダブルカードの下側を少し浮かます

それと同時に人差し指でカードを手前に押して元の位置に戻しますが,先ほど浮かせた隙間に小指の腹を入れてブレイクを作ります

かなり有用な方法なので,ぜひダブルリフトとセットでマスターしていただきたいです。

3.めくる時に小指の上を滑らせる方法

こちらの方法はダブルリフトとブレイクの作成を同時に行ってしまうので,やることが少ない分,気持ち的には楽な方法だと思います

私はこちらの方法をよく使っている気がします。

下のGIF画像では伝わりにくいかもしれませんが,実際の動きは,ブレイクを取っていた小指の位置をそのままにしておき,ダブルリフトの動きでカードを滑らせるときに小指の上まで一気に滑らせています

なので,GIF画像ではカードを持って浮かせているように見えるかもしれませんが,感覚的にはトランプに沿わせてきた延長線として小指の爪の上を滑らせています

なれてしまえばかなり楽なので,ぜひ挑戦してみて下さい。

もちろん,この方法が使えない場面もありますので,いくつか選択肢を持っておくべきだとは思います。

マジックの基本技法「ダブルリフト」まとめ

いかがだったでしょうか。

この記事の中で何度かお話ししましたが,このダブルリフトという技法は,マジックの中では基本中の基本であり,あらゆるマジックの中に登場します

しかし,決して簡単なわけではなく,自然な動きを追い求めるとどこまでも終わりがありません

マジックを続けていく上では,一生付き合っていく技法になりますので,焦らず徐々に完成度を高めていきましょう。

始めたての方はこの記事を何度か読み返しながら練習していただければと思います。

そして,ダブルリフトの基本の動きに慣れてきた方は,次回の記事でさらにダブルリフトについて追及していきますので,ぜひこちらも読んでみて下さい。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました